見えないものを信じるちから

うまくいく未来を信じて行動するには何が必要か

・ご訪問ありがとうございます★引き寄せの法則に関連する内容や、コミュニケーションに関する心理学について書いています。
・本を読んでの感想や自分の解釈、チャレンジなどを引用しつつ載せています。(青字の部分が引用もしくは本の内容をまとめたもの)
・このブログをはじめから読んでみる→見えないもの



幸福感をもつ(その3)

焦りと緊張と不安でいっぱいいっぱいな今日この頃です。

それなのに行動が伴わず・・・

 

 

アレです。有名なアレ。

 

 

学生時代にテスト勉強をしなくちゃならない時に、普段やらない掃除や整理整頓をはじめたり、懐かしい写真を見てしまったり・・・。

 

 

まさにそれと同じかんじで、関係ない事をしては焦り感を増大させています(笑)

ある意味、思考停止状態・・・。

 

 

 

楽しくするには・・・楽しくするには・・・・

どんなことをしたらおもしろいかなぁ。

 

 

そこで良いひらめきが欲しいところです。

 

 

 

 

では、本日の記事です。

 

 

 

 

理想的な未来を書く

 

 

 

理想像をただ書いたからといって目標達成できるわけではありませんが、

笑顔になるためには理想をイメージし、書き出すことは有効な方法です。

 

 

 

未来ばかりでなく、今までの経験で、最高だったな〜♪と思える瞬間を思い出して書いてみることでも幸福感を得ることができます。

 

 

 

愛をこめて書く

 

 

 

自分にとって大切な人を思い浮かべます。

その人が自分にとってなぜ大切なのかを書き出します。

 

 

こんな行動でも、幸福感は増加し、ストレスが減り、コレステロール値までかなり下がるという研究結果があります。

 

 

 

 

感謝の気持ち

理想的なイメージ

愛をあらわす文章

 

 

これらを書き出すことが幸福感をアップさせる効果があると科学的に証明されています。

 

 

 

個人的には他にも、

今までで楽しかったこと、嬉しかったこと、ラッキーだったこ

他人の素敵だなと思うところ

今日できたこ

どんな小さなことでも自分をほめてみる

自分の好きなもの、好きなことなど

 

というような内容を書いてもいいんじゃないかなーと思います★

 

 

 

私がやってみようかなと思うのは、ノートを2冊用意して、1冊は上記のような

幸福感を持てそうな内容を綴るものにします。

 

 

もう1冊は日々の正直な思いや感情、ストレスを始めとしたネガティブな内容を書きなぐるものw

書き出すだけでもストレスの軽減になります。

書き出したらそれに向き合って分析をして良い方向へと持っていくためでもあります。

 

 

ポジティブな方は見返すだけでも良い気分になりそうです♪

ネガティブな方は、一度向き合って心の整理をしたら見返しません。

 

 

2冊持つのがめんどうなら、1冊にごちゃまぜに書き込んで、ポジティブとネガティブでペンの色を使い分けてもいいかな★

 

 

 

 

習慣づけたものが沢山ありますが、この2つのノートも加えてみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

【 その科学が成功を決める 】リチャード・ワイズマン著(文春文庫)

幸福感をもつ(その2)

LINEでとっても便利な機能を発見しました。

 

 

私はやたらとスタンプを買ってしまい、スタンプを探すのが一苦労な状態です。

そんな場合にはサジェスト表示というのをオンにするといいんです♪

 

 

今更?ですかね・・・

いつからこんな機能があったんだろう(笑)

 

 

入力した文章に適した絵文字やスタンプを表示してくれるのですごく便利♪

あらゆる変化が早すぎてついていけていませんが、便利を追求するパワーってすごいですね★

 

 

 

サックスでも、吹けるようになりたい曲の楽譜を買いました。

楽譜やリズムがあまりわからないので、お手本の演奏CDもついているんですが、

なにせスピードが早すぎて頭が追いつきません💧

 

 

 

そこでアプリを検索したらありました!便利なものが✨

 

 

 

登録した曲を好きなスピードで聞くことができるうえに、聞きたい部分を指定しての区間リピート機能までついています。

おかげで音の流れがよーく理解できました♪

 

 

 

こんなだったらなーって思ったらアプリで検索すると大抵あるんですね、今は。

私の頭の回転速度UPとか理解力UPとか記憶力UPとかコミュニケーション能力UPとか仕事力UPとか・・・・能力を上げてくれるアプリが欲しいです(笑)

 

 

 

さて、前回からまた少し時間が空いてしまいましたが、本日の記事に入りたいと思います。

 

 

 

 

感謝

 

 

 

前回は打ち明け日記を書きましょう♪というものでした。

 

 

 

さらに、幸福感を高めるための文章でだいじなポイントの一つが感謝をあらわすことです。

 

 

 

私たちには慣れというものがあります。

いくら美味しいものを食べても、本当に美味しく感動して味わえるのは

はじめの一口目です。

 

 

香りも同じ。

ふわっといい香りのする部屋に入っても時間がたつにつれて感じなくなってきます。

 

 

 

幸福感もそれと同じで幸せがいずれ当たり前のものになっていってしまいます。

 

 

 

ありがたみというのは、失ってみてはじめて気づくことが多いです。

失う前に、当たり前のものの中にどれだけ沢山の幸せがあるのか意識してみましょう。

 

 

 

感謝できることが沢山あると気づけば、幸福感は高まり

将来に対しても楽観的で健康状態も良くなります。

 

 

 

 

感謝できる人って素敵だなぁと思います✨

人に対して感謝をあらわせば、周りの人もほっこりします。

 

 

 

毎日感謝を書き出す、というのも、初めはなかなか出てこないかもしれません。

そんな時はムリせず、思いつくまでは毎日おなじことを書いてもOKです。

 

 

 

なんでもそうですが、意識して続けていけば

ある時ふと変化している自分に気が付きます。

 

 

 

大事なのは変化のスピードや大きさではなく、意識することと続けることだと思います。

 

 

もちろん、大前提は行動をすること。

自分の気分が良くなるものを選ぶこと。

 

 

 

これならできそうかな♪とか、これをやったらあんなふうになれるかな♪とイメージしてワクワクできるようなものにチャレンジしてみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

【 その科学が成功を決める 】リチャード・ワイズマン著(文春文庫)

幸福感をもつ (その1)

最近は朝晩が涼しくて随分と過ごしやすくなりました★

日中はまだ夏の蒸し暑さがありますけどね〜💧

 

 

早朝のお散歩も気持ちよく歩けます。

が、もう真っ暗なのでちょっとビクビクしてたりします(笑)

 

 

勉強にしろ、趣味にしろ、ダイエットにしろ、とにかくマイペースで動いています。

自分のエネルギーが高くても低くてもマイペース。

 

 

ワクワク感を大切に。

エネルギーが低い時でも、何か発見したときやひらめいた時、

楽しいと感じたときなど、一瞬ワクワクする時があります。

 

 

そんな時は、そのワクワクを迷うこと無く予定に入れてしまうんです。

ワクワクはある意味直感。

 

 

なにも動かないでいるとエネルギーは下がるばかりなので動くことを心がけています。

 

 

 

久々にコンサートや映画に行ってみると、あれも観たい、これも観たい、

他に楽しそうなものは無いかな♪とワクワクアンテナの範囲が広がっていきます。

 

 

 

そんな小さな積み重ねがやがて大きなエネルギーになって変化を生み出します。

 

 

 

私は占いとか天然石のパワーだとか、心底信じているわけではありません。

かといって、そんなの嘘くさいよ、などと排除したりもしていません。

 

 

 

好きな天然石でアクセサリーを作って、キラキラしていると気分がいい。

これをつけていると良いことがある気がする♪

 

占いではこんな良いことが起こるってあったからワクワクする♪

 

 

そんなふうに思って気分良く過ごせるのなら、私にとって真実なんてどうでもいい話なんです。

 

 

 

良いことだけ信じて、そうなった自分をイメージしてワクワクすることが自然とできるのが利点だと思います。

 

 

自分の理想だけだとイメージするのに多少ムリヤリ感が出てきてしまうので、

気軽に、「そうなったら嬉しいな」とワクワクできるのはポイント高いような気がします♪

 

 

 

ちょっと前置きが長くなりました💦

本日の記事に入りたいと思います。

 

 

 

 

悩みや辛い記憶をスッキリさせるには・・・

 

 

 

信頼できる人に、自分が思っていることやトラウマ体験、悩みなどを相談すると、真摯に向き合って傾聴してもらえるので「とてもスッキリした」と感じる人は多くいます。

 

 

 

確かに、人に話して聴いてもらうと一時的にはスッキリします。

しかし、実際には話をしたところで、自分の幸福感に大した変化は無いのだそうです。

 

 

 

では、マイナスな気持ちを癒すにはどうすればいいのか。

 

 

 

ここで登場するのが日記です。

 

 

 

その日にあったことを綴るようなものではなく、打ち明け日記です。

 

 

毎日数分、自分の内部にある考えや気持ちを書きます。

 

 

出来事が自分にどう影響したのか。

どう思っているのか。

どんな気持ちがあるのか。

本当はどんなふうになれば良かったのか。

これからどうしたいのか。

なぜこんな感情や行動をしているのか。

何に対してそう感じるのか。

本当の気持ちは他にないか。

 

 

など、心に浮かんだことをとにかく書き出していくのです。

 

 

 

こうすることで、少しずつ元気を取り戻し、自信や幸福感が増していきます。

 

 

 

人に話すことと、書くことで一体何が違うのでしょう?

 

 

 

話す場合はとりとめがなくなり、あちこちに飛んだりして混乱する場合が多くなります。

 

 

書く場合は筋道や構成があるので、出来事に意味をもたせ、解決へ向かわせる力があるのです。

 

 

 

有効なコーピングということかな。

 

 

 

ただ、話す場合にもコーチンのように導いてもらえる場合ならスッキリして意欲もわいてくると思います。書くときと同じような効果がありますからね♪

 

 

 

自分の今の思考・感情・行動を見つめて、本当の気持ちを探り出し

これからどうしていきたいかを考えるような、内面の整理をすることが幸福感のポイントのひとつなんですね♪

 

 

 

 

 

 

【 その科学が成功を決める 】リチャード・ワイズマン著(文春文庫)

幸せをもたらすのはプラス思考?

只今エネルギーダウン中・・・。

ちょっとお疲れ気味です。

 

 

しかし、ここで全てを投げ出しては今までの努力が水の泡・・・

少しずつ自分のペースを取り戻しながらエネルギーチャージしていきたいと思います。

 

 

 

昨日まではわりと静かな曲を聴いていました。

少しずつ上げていこうと思えた今日は、ハイトーンボイスの曲を聴き、真っ赤な洋服をチョイスしていますw

 

 

 

追いつかなくてもいいからできることからやっていこうと決めているので、何もしていないわけではありません。

 

 

 

今日は何ができたかなーと振り返ると、エネルギーが低いわりには意外といろいろできているんです。

 

 

 

エネルギーが低くても何かするって大事です。

本当にムリなら仕方ないですけどね。

 

 

 

本来のエネルギーを取り戻すまでにかかる時間に差が出るんだと思います。

 

 

 

最近、自分に聞くのが上手になったような気がします。

気分が良くても沈んでいても、今どうしたい?とか、これくらいならできそう?とか、

これ以外の選択肢はあるかな?とか、自分の気分を大切にしつつ良い方向へ向かう道を探ったりしています。

 

 

 

これもコーピングの一種でしょうかね♪

朝のお散歩も大事なコーピングの時間です。

Aの機能を働かせながら自分を整える大切なひととき。

 

 

 

交流分析にうまく絡み合わせていきたいな〜♪

 

 

 

 

では、本日の記事です。

 

 

 

 

プラス思考

 

 

 

「とにかくプラス思考でいることが大事!」

と言って、マイナス思考を無理やり頭から閉め出す。

 

 

 

これで誰もが幸せになれるでしょうか?

 

 

 

答えはNOです。

 

 

 

◯◯しちゃダメ!的なものは結局心の底でダメなことばかり考えてしまうからです。

 

 

 

 

では、ダメ!と押さえつけずに好きなことをしたり、仕事に熱中したり

家族や友達と楽しい時間を過ごしたりして気分を紛らわそう♪

 

 

 

というのも良い方法ではありますが、効果は一瞬です。

 

 

 

気分を紛らわしたいような時の集中力ってあまり長く持ちません。

それに、ずっと楽しい時間や作業の時間が続くわけでもありません。

 

 

 

じゃあどうしたらいいか。

 

 

 

オススメな方法は3つです。

 

 

 

1・効果の高い日記をつけること

2・小さな親切を実行すること

3・感謝の気持ちをもつこと

 

 

 

具体的な内容については次回の記事から。

 

 

 

わりと多くの人が、赤ちゃんや動物を見ると自然に癒され笑顔になるのと同じように

自然と満足感や幸福感などの満たされた気持ちがわいてくる3つなのでしょう。

 

 

なので、イヤイヤやっても効果は期待できません。

 

 

 

勉強も興味がなければ頭に入ってこないのと同じですね。

義務教育でやらされてた時は勉強がキライだったけど、社会人になってから自分で興味を持って学びたいなと思ったものはとても役に立っています。

 

 

 

社会人になってからの方がいろいろ勉強している気がするw

 

 

 

自分からやりたいと思う気持ち。

これがなければ行動もしないだろうし、やってもあまり意味がなくなってしまうかなと思います。

 

 

 

とりあえず動いているうちに気持ちに変化が現れることもあるので全くの無駄ということもありませんが。

 

 

 

 

 

プラス思考も良いですが、マイナス思考も悪くはありません。

マイナスな気持ちも素直に認めて受け止めればいいんだと思います。

 

 

 

 

否定したり、抑えつけたりするから苦しくなったりするんです。

 

 

 

マイナスな面を認めても、一生マイナスな人間なわけじゃありません。

今まで、もしくは今そうなだけです。

 

 

 

マイナスな面が全くないなんて人もいないでしょう。

 

 

 

今マイナスだからこそ大きくプラスに変化できます。

マイナスを知っているからこそ、プラスになった時の喜びも大きくなると思います。

 

 

 

自分に素直になってみましょう♪

 

 

 

 

 

【 その科学が成功を決める 】リチャード・ワイズマン著(文春文庫)

お金があれば幸せ?

結構ガンガン返済しているのに、リボの支払いがなかなか減らない・・・

ということで、リボやめました。

 

 

 

貯金を借りて一括返済。

 

 

やっぱ、ダメですね。リボ払いは。

使う時の意識がゆるくなってしまう。

 

 

 

モヤっとした不安感がまだあります。

お金の不安もまだ残っていますが、やはりこれからやる事に対しての

準備ができていないのが大きな原因かもしれません。

 

 

 

来月に入ったら早めにやってしまおうと思います。

 

 

 

それにしても、今朝は久々に涼しかったです。

歩いていてもそれほど汗が出ない。

 

 

 

このままが続いてくれたらいいのにw

 

 

 

 

では、本日の記事になります。

 

 

 

 

お金があれば幸せ?

 

 

 

誰もが当選を夢見る宝くじ。

私は当たったらいいなーと思っているのに買わない(絶対に当たらない)人です(笑)

 

 

 

一攫千金で大金を当てるにしても、事業がうまくいって収入がドッサリ入ってくるにしても、お金が多ければ多いほど幸せなのでしょうか?

 

 

 

収入があっても時間がなければ意味がありません。

一緒に楽しめる人がいなければつまらないです。

 

 

一時は楽しくてもそのうち飽きるかもしれません。

 

 

 

 

幸せかどうかは、お金の量ではなく、自分の価値観(必要なこと)が満たされているかどうかで決まります。

 

 

 

物質的なものは慣れてくると当たり前になって感動は薄れていきます。

 

 

 

ある研究結果では、人の幸福感のおよそ50%は遺伝で決まっていて変えることができないといいます。

そして10%は急には変えることの出来ない環境的要素で決まり、

残りの40%が日常的な行動や、自分がまわりをどう受け止めるかによって変わるのだそうです。

 

 

 

幸福感を手に入れるほんの少しの知識があれば、幸せ度はわずかな時間で大幅にアップするのです。

 

 

 

 

 

実際、お金は必要なもので、「もっと欲しいなー」と思うし、不安になる要素でもあります。

 

 

でも、最低限生活ができているのなら、そこにばかりフォーカスするのではなく

当たり前の中に幸福はたくさんあるのだと思います。

 

 

 

できることをして楽しむ。

行動を変えていく。

 

 

 

自分で何かを変化させることによって流れも変わっていきます。

 

 

 

今も流れが変わっている中にいるところですが、今までを振り返ってみても

変化があった時には私の考えや行動が変わっています。

 

 

 

 

まずは自分の物事に対する捉え方を見直してみるのがいいかもしれません★

 

 

 

 

 

 

 

【 その科学が成功を決める 】リチャード・ワイズマン著(文春文庫)

幸せはなぜ大事なのだろう

お盆休みはやたらと外食続きでした。食べ放題も連日・・・

ちょっと増えてしまった体重は今やっと減らすことができて一安心。

これからまた更なるダイエットに向けて意識強化です★

 

 

 

さて・・・来月からは気を引き締めて勉強やいろいろな準備をしていく時期に入ります。

 

 

来年は新たな資格取得を目指すことにしました。

結構な出費ですが自己投資です。

 

 

 

今は私の中で、これからの変化への意欲が半分、不安が半分。

お金の不安もかなり大きいですが、必要なものには気分良くつかいたいと思います。

 

 

 

 

それでは、本日からは新しい本を参考に記事を書いていきます。

今回チョイスしたのは、科学的な自己啓発本です。

 

 

 

実験データに基づいて、毎日わずかな時間で簡単な課題に取り組むことで変化を手に入れるというものです。

(※記事では実験内容にはふれません。)

 

 

 

わずかな時間といっても、実際続けることが一番難しいですが、それができなければお話になりません。

 

 

 

なんとか習慣化するか、できなければ他に自分に合う方法を探し求めるか・・・ですね。

 

 

 

 

幸せはなぜ大事なのか

 

 

幸せだと気分が良い

 

 

そして

 

 

人間としての成功にも、仕事での成功にも影響をあたえる

 

 

 

幸福は成功から生まれると同時に、成功を生む原因にもなる

 

 

 

 

 幸福感のメリット

 

・人を社交的にする

・他人思いにさせる

・自他への愛情が強まる

・問題解決能力が高まる

・免疫システムが丈夫になる

・よりよい人間関係を築くことができる

・充実した人生を長く健康に送れるようになる

 

 

 

 

すごいですね★良いことだらけです。

 

 

引き寄せの法則で言われているように、いい気分でいることがやはり大事なんですね♪

 

 

 

気分が良ければ心に余裕が生まれます。

チャレンジする意欲も出てきます。

ワクワク感の方が強ければ多少の不安も跳ね飛ばして進んだり、人間関係の中に入っていく不安も小さくなります。

 

 

 

病は気から・・・が科学的に実証されたという記事を最近どこかで目にしました。

心が健康であれば、身体も元気になります。

逆にストレスが不調をまねくこともありますね。

 

 

 

ワクワクして楽しんでいる時には本来の能力が発揮できます。

ストレスがかかった状態では本来の能力を十分に発揮するのは難しいものです。

 

 

 

私は特に、本番に弱いタイプなのでよーくわかります(笑)

 

 

 

 

いい気分でいること、幸福感が大事。

 

 

 

まずはここを押さえておきましょう★

 

 

 

 

 

 

【 その科学が成功を決める 】リチャード・ワイズマン著(文春文庫)

阿羅漢果で消える最後の煩悩5つ

美容と健康。永遠のテーマですw

 

 

年を重ねてくると身体の中も外も、いろんなことが気になり始めます。

若い頃は「めんどくさい」と思ってやらなかったことも、今になってみると毎日欠かさず、どんなに眠くても必ずお手入れしてから寝るのが習慣になりました。

 

 

人間、窮地に追い込まれると頑張れるものです(笑)

 

 

 

「人に見られるから」とか関係なく、自分自身がキレイでいたいんですよね。

キレイって、特別キレイじゃなくても普通でいいんです。

 

 

 

でも、その普通を保つのが難しくなってくる・・・。

 

 

 

もうね、一箇所気になり始めるとあれやこれやといろんなところが気になってくるんです。バンバン自分へ投資していますw

 

 

 

自分が気分良くいられるためなら投資もあり。

 

 

 

自分に合うかどうか、自分の経済力、自分の心の状態などを考慮したうえで良い気分でいられる時間を増やしていきたいです★

 

 

 

 

では、本日の記事です。

 

 

 

 

 

阿羅漢果で消える最後の煩悩5つ

 

 

物質的な存在欲、精神的な欲、プライド、心の混乱、無明(無知)

 

 

この5つが無くなって一切の執着を捨てた平安、涅槃という境地に達します。

 

 

 

すべての煩悩は無明から発生します。

仏道は智慧に始まり智慧に終わるのです。

 

 

悟りとは何も対象を取らない瞬間です。

 

 

何か対象のせいで心が動く、自分がいるという概念など対象そのものが何もない瞬間です。

 

 

 

 

無我とか無明とか、なんとなくでしか理解はしていませんが、それらについて考えていると思うことがあります。

 

 

 

自分だ!とか、見たり聞いたり触ったりという感じているもの、

心の中、頭の中などは全部脳が処理をしているものです。

 

 

 

例えば、超リアルな夢であれば現実と混同することすらあります。

 

 

 

そう考えると、この世はバーチャルリアリティでもおかしくないかもなーと思えてきます。

 

 

 

そんな捉え方で周りを見たり考えたりするとちょっと不思議な感覚を味わえますw

 

 

 

 

理解できてはいませんが、なんとなくそんな世界もありなんだなーと受け止めることはできそうです。

 

 

 

生きづらさのひとつはこだわり、頑固だと思います。

 

 

 

自分の考えや意見をホイホイ変えろという話ではなくて、これ以外は受け入れない!という頑固さがあるとかなり生きづらいのではないかと思うんです。

 

 

 

そんな捉え方もあるんだーと受け止めてみる。

できればそれを試してみる。

 

 

 

そんな柔軟性を持てると少し楽になるんじゃないかなーって思っています。

 

 

 

 

さて、やっと終わりました。仏教シリーズ2冊目。

ちょっと仏教シリーズがしんどくなったので、次回からば別の何かにしようと思います(笑)

 

 

 

 

 

 

 

【参考図書】ブッダの実践心理学 第2巻 心の分析 / アルボムッレ・スマナサーラ