読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見えないものを信じるちから

うまくいく未来を信じて行動するには何が必要か

・ご訪問ありがとうございます★引き寄せの法則に関連する内容や、コミュニケーションに関する心理学について書いています。
・本を読んでの感想や自分の解釈、チャレンジなどを引用しつつ載せています。(青字の部分が引用もしくは本の内容をまとめたもの)
・このブログをはじめから読んでみる→見えないもの



尊敬する

変化

何もかも面白いように上手くいっている♪

人生楽しい♪しあわせ♪感謝♪

なんとかなるもんだなぁ~★

 

 

 

 

我が家のワンコがやってきてもうすぐ14年ほどになります。

白髪が増えてきましたが、冬でも元気いっぱいです♪

 

 

お手、おすわり、待て、伏せ、などの基本的なことはきちんとできます。

 

 

それ以外になぜ?と思ったのが、

 

 

「ちょっとどいて~♪」という言葉に的確に反応するところw

 

 

ボソっと軽くつぶやいただけでも隅にサっとよってくれるんです(笑)

 

 

教えた覚えはないんだけどなぁw

 

 

あー、動物ってほんとに可愛い♪

 

 

 

 

では、本日の記事です。

 

 

 

 尊敬すること

 

 

 

人として対等に、仲間意識を持って接していくには 尊敬 が大切です。

 

 

 

教える側が教えられる側を尊敬する

 

 

 

もしあなたが教師ならば、生徒である子どもたちを尊敬することです。

 

 

 

尊敬とは、「人間の姿をありのままに見て、その人が唯一無二の存在であることを知る能力」/エーリッヒ・フロム

 

加えて

尊敬とは、「その人がその人らしく成長発展していけるよう、気遣うこと」

 

 

 

自分の価値観や評価、先入観などは一切入れず、ありのままを受け止めます。

 

 

 

正直、自分がありのままでいることも、相手をありのまま受け止めることも結構むずかしそうですw

つい価値観などが入ってしまったり、目の前の表面的なことだけに目がいってしまったりします。

 

 

 

そこが人間力の差でしょうかね~。

 

 

 

 

 

相手を変えようとしたり操作しようとしたりしない

条件をつけるのではなく、ありのままのその人を認める

 

 

これが尊敬するということです。

 

 

 

 

 

スゴイ★カッコイイ♪

あの人のようになりたい♪  

と思うような気持ちは実は相手のことを何も見ていないのです。

 

 

 

確かに憧れや、この人はスゴイ人だ、と思うような気持ちは

その人の一部分や表面だけを見て判断していますよね。

 

 

 

相手が小さな子どもであろうと、ありのままを認めて尊敬することで

相手は自分が自分であることを受け入れ自立に向けた勇気を手にできます。

 

 

そして、その勇気を使うかどうかは相手の課題です。

 

 

 

 

長い間、自分のことにしか関心を持っていなかった私には大きな課題だなぁと思います。

意識してすぐに変わることはムリですが、少しずつ変化していきたいです♪

 

 

 

 

 

 

 【参考図書】幸せになる勇気/岸見一郎