見えないものを信じるちから

うまくいく未来を信じて行動するには何が必要か

・ご訪問ありがとうございます★引き寄せの法則に関連する内容や、コミュニケーションに関する心理学について書いています。
・本を読んでの感想や自分の解釈、チャレンジなどを引用しつつ載せています。(青字の部分が引用もしくは本の内容をまとめたもの)
・このブログをはじめから読んでみる→見えないもの



欲や怒りよりも注目すべきもの

またひとつ、新しいチャレンジが秋から始まります。

その企画や準備を今月から始めなければなりません。

 

 

とにかく、楽しんでやっていきたいと思います♪

 

 

 

 

ひとつチャレンジをすると何かがちょっと広がって繋がる。

そこからまた新しいチャンスがやってくる。

 

 

 

チャンスをきちんと掴んだら、またちょっと世界が広がる。

 

 

 

今、そんなリズムです。

 

 

 

不安もありますが、不安よりもチャンスを生かしたい気持ちの方が大きいです。

 

 

 

私は同じことの繰り返しだとか元に戻ることが苦手です。

どんどん新しいところに向かって行きたい。

 

 

 

そのためには準備が何より大事。

 

 

 

 

では、久々に・・・本日の記事です。

 

 

 

 

 

 欲や怒りの煩悩を消すことよりも大事なこと

 

 

 

 

悟りで一番大切なのは、欲や怒りなどの煩悩が消える前に、思考の問題を治すことです。

 

 

★ ものごとを正しく見ること

★ 誤解を解くこと

 

 

これができなければ煩悩を呼び寄せてしまうことになります。

 

 

 

 

思い込みや個人の常識・感情などが一切無い、事実をそのまま認識すること

きちんと確認をして相手を理解すること

 

 

 

交流分析の自我状態で言えばAの機能です。

 

 

 

これが案外難しいのです。

事実を客観的にみて判断するAの機能が、親などから身につけたPの機能や子供の頃の馴染みのある機能であるCに汚染されていることがあるからです。

 

 

 

汚染はまさに、思い込み、個人としての常識です。

だから世間とは違っても本人は気づきません。

 

 

 

「あれ?違うな?」という出来事や人に何度か出会ってはじめて気づきます。

 

 

 

ちょっとズレますが、私は高校生まで白はんぺんの存在を知りませんでした。

はんぺんといったら黒が常識の中で生活してきました。

 

 

一般的には、はんぺんといったら白という常識を知ったときはかなりの

カルチャーショックでしたが、そこでやっと常識は自分だけのものなんだなと気づきました。

 

 

 

 

事実だけを取り出す、相手に確認をする。

トレーニングが必要かもしれませんが、これを心がけるのは大事なことだと思います。

 

 

 

日々、何か感情に振り回されるような出来事があったら、

少し経って冷静になってからでもいいので、事実を取り出したり

確認をしてみたりしながら身につけていきたいですね〜★

 

 

 

 

 

 

 

 

【参考図書】ブッダの実践心理学 第2巻 心の分析 / アルボムッレ・スマナサーラ 

広告を非表示にする