読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見えないものを信じるちから

うまくいく未来を信じて行動するには何が必要か

・ご訪問ありがとうございます★引き寄せの法則に関連する内容や、コミュニケーションに関する心理学について書いています。
・本を読んでの感想や自分の解釈、チャレンジなどを引用しつつ載せています。(青字の部分が引用もしくは本の内容をまとめたもの)
・このブログをはじめから読んでみる→見えないもの



新しい価値観をつくる

薬用ドロップを舐めても喉の痛みにあまり効果はありませんでしたが、

普通のしょうがのど飴を舐めたらだいぶ治ってきましたw

覚えておきます(笑) 

 

 

今年の漢字は”金”でしたね。

今年の漢字は何だと思いますか?と尋ねられても私は今年の初めから何があったのかが

思い出せません(笑)

 

 

来年はざっくりと毎月どんなことがあったのか書いておいて年末になったら

自分の1年で今年の漢字が何だと思うか決めてみたいなーと思ってますw

ついでにどんな色だったか・・・も★

 

 

一応来年は紫を私のテーマカラーにしていますけどね〜。

どうなることやら。

 

 

 

 

では、本日の記事です。

 

 

 

 

不善異熟の続きです。

 

 

領受心と推度心という捨倶があります。

 

 

領受心とは、対象を心で受け取るということです。

五感で捉えた情報を心で受け取ったぞ、と感じるだけの捨倶です。

 

 

推度心とは、何かのカテゴリーに入れることです。

五感で感じたものを領受してすぐに好きとか嫌いとかカテゴリー分けをします。

 

 

捨倶ということは、生理的、本能的に感じ取るようなものですね。

 

 

 

無因善異熟心8種類

 

 

捨倶・・・眼識・耳識・鼻識・舌識

楽倶・・・身識

捨倶・・・領受心

喜倶・・・推度心

捨倶・・・推度心

 

 

善い心の行動から生まれた善いものを受け取ります。

 

 

 

無因不善異熟心も無因善異熟心もカルマの結果として受け取るだけであり

それが善悪の因になるものではないため無因心と呼ばれます。

 

 

 

 

過去の業、カルマからは逃げられません。

どんなカルマだったからと原因を知っても意味はありません。

 

 

行為の結果は必ず自分に返ってくると心にとめて善いことをするように心がける方が得策でしょう。

 

 

 

智慧をつけるためには心が落ち着いていることが必要です。

身体や環境が気持ち良いことがとても大事な条件です。

 

 

整理整頓されスッキリした部屋

掃除された清潔な場所

洗濯された清潔な衣服やベッド

お風呂に入って清潔な身体

 

 

 

これが基本です。

 

 

 

断捨離したりお掃除をすると運が良くなるとかいうのは

心が落ち着いて本来の能力を善く発揮できるようになるからなのかもしれませんね。

 

 

 

よくものがなくなる

どこにあるかわからず探す時間が無駄

同じものを買ってしまう

思うように進まずイライラする

ものが邪魔で生活しづらい

 

 

 

いいことがありませんw

 

 

 

さらに、心が疲れてくると頑張るエネルギーが足りなくなって

毎日きちんとやっていたことが面倒になってきます。

 

 

ジャンクフードが食べたくなったり、食べたいわけじゃないのに食べてしまったり

なんてことにもなります。私の場合。

 

 

お金の無駄遣いだし、無駄なお肉もついてしまう・・・

一石二鳥の真逆をいきますね。

 

 

 

ひぇ〜・・・こわい。

まさに今そんなところ・・・

 

 

なんとかして心を入れ替えようとしています。

 

 

 

ちなみに、最近運転していても全くイライラしなくなりました。

それができたなら、ちゃんと心を入れ替えることもできるはず!

 

 

新しい価値観、新しい楽しみにエネルギーを傾けていきたいです★

 

 

 

 

 

【参考図書ブッダの実践心理学 第2巻 心の分析 / アルボムッレ・スマナサーラ