読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見えないものを信じるちから

うまくいく未来を信じて行動するには何が必要か

・ご訪問ありがとうございます★引き寄せの法則に関連する内容や、コミュニケーションに関する心理学について書いています。
・本を読んでの感想や自分の解釈、チャレンジなどを引用しつつ載せています。(青字の部分が引用もしくは本の内容をまとめたもの)
・このブログをはじめから読んでみる→見えないもの



カルマから生まれる物質

9月の末あたりから手帳を記入しなくなりました。

毎年いつもそうです。

新しい来年の手帳を買う頃になると、今の手帳をぱったりと使わなくなってしまうw

 

 

でもやっぱり、アナログの手帳を開いて書くという習慣がないと

頭の中で細かな予定やToDoが整理できません。

 

 

 

徐々に慣れるためにも今月から日誌を書く予定でしたが、それも全くやってませんw

なんか、来月からでいいかな〜・・・とか思ってしまったりw

 

 

 

夜、記入するという習慣をつけなければいつまで経っても書けそうにないですね(笑)

 

 

 

ごちゃごちゃの頭の中をすっきり整理したい★

いつもいつもそう思っている気がしますが・・・w

 

 

 

部屋のごちゃごちゃ感は頭の中と同じって言いますが、ホントその通りだと思います。

頭よりも先に部屋をすっきりさせるべきでしょうかねw

 

 

 

 

では、本日の記事です。

 

 

 

 

カルマから生まれる物質は9種類

 

 

何をしても、どうしても変えられない物質です。

 

 

心色と8つの根色(五浄色、二性色、命色)で、カルマから生まれ

生まれたらどうしようもありません。

 

 

心色とは、私たちの心の働きや認識を支える身体中の物質エネルギーを言います。

 

 

何かを認識する、感じ取る瞬間、そこに心が生まれます。

身体中どこにでも感受性があるので、どこにでも心が生まれます。

 

 

 

身体は痛みを感じます。

いくら楽しくても疲れるし、痛みを感じます。

 

 

休憩すれば痛みや疲れの感じは変わって楽になったと錯覚をします。

一つの場所に痛みがなくなって、別の場所にそれまでとは違う小さな痛みが生まれただけなのです。

 

 

痛みの感じを変化させながら生きています。

痛みが強くなると違う痛みに変化させ、また強くなると変化させる。

 

 

細胞は痛みしか感じないのに、人生は幸福だ、楽はいっぱいあると誤解するのです。

 

 

 

 

気持ちいいとか心地よいと感じるのは、それまでそこに痛みがあって

それが軽減された。。。ということなんでしょうかね。

 

 

楽だと感じるのは楽じゃなかったから。

 

 

 

それでも、本質はどうであれ、楽だ、幸せだと思えるのなら

誤解だってなんだって構わないような気もしますw

 

 

 

本当はどうなのか、それは正確なことなのかよりも

 

大事なのは自分がいい気分かどうか。

常に心地よい方向へ心を向けられているかどうか。

 

私の価値観はそこにあります。

 

 

 

続きはまた次回・・・

 

 

 

 

 【参考図書ブッダの実践心理学 第1巻/アルボムッレ・スマナサーラ