読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見えないものを信じるちから

うまくいく未来を信じて行動するには何が必要か

・ご訪問ありがとうございます★引き寄せの法則に関連する内容や、コミュニケーションに関する心理学について書いています。
・本を読んでの感想や自分の解釈、チャレンジなどを引用しつつ載せています。(青字の部分が引用もしくは本の内容をまとめたもの)
・このブログをはじめから読んでみる→見えないもの



自律する

何もかも面白いように上手くいっている ♪

人生楽しい ♪ しあわせ ♪ 感謝 ♪

なんとかなるもんだなぁ~★

 

 

 

 

Yシャツの襟汚れ。

お洗濯前に専用スプレーをかけるだけでOK♪というものを使っても落ちません。

 

 

そこで油汚れに強い食器用洗剤を使ってみたら簡単に落ちました♪

 

 

 

昔から家庭科系が苦手なのとまめな性格ではないという理由から、

お洗濯とかお掃除の知識が非常に足りませんw

 

 

 

まぁ、アドラー的に言えば苦手だったり性格のせいではなく、「やるのがめんどうなので覚えないのだ」でしょうか(笑)その通りですけどねw

 

 

 

アドラーを勉強してみてどんどんハマってきています。

 

 

 

TA×コーチングの勉強会でもアドラーを取り上げてもらい、そこでこんな情報をもらいました。

 

 

 

 

open.netlearning.co.jp

 

 

 

 

しあわせに生きるための心理学~アドラー入門~コースが現在無料配信中です。

 

 

 

本を読んだだけではいまいちよくわからないという方や、

アドラーに興味のある方は是非のぞいてみてはいかがでしょうか♪

 

 

 

 

それでは、本日の記事です。

 

 

 

 

自分が主役の人生を

 

 

 

どんなことも「自分で決める」と考えるとシンプルです。

どんないきさつがあっても実際に体を動かしたのは自分です。

 

 

 

自分で決める勇気ですね。

こんな選択をしたら自分が不利な状況になってしまうだろうという恐怖

こう決めて行動をしたら周りから嫌な目で見られてしまうだろうという不安

 

 

ありますよね~。

他人がどう思うかなんて関係ない、と言われてもやっぱり気になるものです。

 

 

 

シンプルなことなのになかなかできない。

 

 

 

捨てる覚悟が必要なのかもしれませんね。

 

 

 

今の環境にしがみつくことなく別の環境を選ぶ

嫌な目で見られるのもこちらの態度次第ではコロっと変わることも大いにある

 

 

 

全てを得ようと守りに入ると辛くなるんだと思います。

 

 

 

やっぱり一番楽なのは開き直りですかね~w

 

 

 

 

自分で決める、というのは自分で責任をとることです。

不機嫌なのは自分の責任です。

 

 

 

心身の健康にはごきげんでいることが大事なので、ごきげんを選択して

自分を大切にすれば人のせいにして周りを不機嫌にする確率もぐっと減ります。

 

 

 

ごきげんでいると余裕があるので人のためにもいろいろやれるようになるはずです。

 

 

 

自分が主役の人生は人のためでもあるのです。

 

 

 

 

 

自分が主役=自律

 

 

 

自分で考え、自分で決めて、自分から行動し、自分で責任をとる

 

 

 

私もこれができてはじめて「自分で自分の人生を生きているな」と感じられるようになりました。

 

 

 

交流分析からはじまって、選択理論や論理療法、コーチングにNLP

アドラーにブリーフセラピー、仏教、マインドフルネスなど私が興味を持ったものは

結局は「しあわせに生きるための心理学」なんだな~と理解しました。

 

 

 

原因論ではなく目的論

過去なんかよりこれからどうするか

 

 

 

こんな視点が私のツボらしいです♪

 

 

 

 

いろんな心理学、引き寄せの法則などブームになっていますが、それぞれにいろんな理論や方法、

思想があるので、その中で自分のツボがどこにあるかを探ってみるのもおもしろいかもしれません★

 

 

 

 

 

 

 【 参考図書 】自分をごきげんにする方法/辻 秀一(サンマーク出版