読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見えないものを信じるちから

うまくいく未来を信じて行動するには何が必要か

・ご訪問ありがとうございます★引き寄せの法則に関連する内容や、コミュニケーションに関する心理学について書いています。
・本を読んでの感想や自分の解釈、チャレンジなどを引用しつつ載せています。(青字の部分が引用もしくは本の内容をまとめたもの)
・このブログをはじめから読んでみる→見えないもの



言葉を選ぶのは・・・

何もかも面白いように上手くいっている ♪

人生楽しい ♪ しあわせ ♪ 感謝 ♪

なんとかなるもんだなぁ~★

 

 

 

 

今日も朝からイラっとしてしまいました。(グチです。)

 

 

のんびり走っているバイクを追い越そうとしたら、そのバイクが急にスピードをあげて。

 

 

なんだよ・・・と思ってまたバイクの後ろに戻ると、またスピードを落として

のんびり走るんです。

 

 

で、また追い越そうとするとバイクはスピードを出す。

 

 

 

いやらしいわー・・・・

 

 

 

ってことでイライラモード全開。

 

 

 

こんな時は別のことを考えてのーんびりバイクの後ろについていけば良かったんですかね~・・・・

 

 

 

なかなか短気が治りませんw

 

 

 

 

グチになってしまいましたが、吐き出さないとため込みそうなのでご勘弁を★

 

 

 

 

 

では気分を変えて、本日の記事にはいります♪

 

 

 

自分の為に言葉を選ぶ

 

 

自分の心をいい状態に保つために言葉・表情・態度を選んで使います。

 

 

 

人によく思われるために、ではなく、自分のためにです。

 

 

 

 

ここですね。

私は認知に支配されすぎているので感情を言葉にしないと気が済まない状態になっています。

 

 

 

そうすればスッキリするので。

 

 

 

ただ、言葉はまた自分に返ってきてしまうんですよね・・・

 

 

 

そこで今の瞬間、 自分をごきげんにすることを最優先にして言葉を選ぶ

感情や態度を選ぶことが重要になってきます。

 

 

 

 

小さな子供の言動なら、嫌な言葉を言われても大して気になりません。

心の経験値が違うとわかっているからです。

 

 

 

イラっとする相手に感情で反応してしまったら、自分も結局その人と同じレベルなんですね。

 

 

 

今朝の出来事でいったら、結局私もいやらしいヤツなんです(笑)

 

 

 

最近のニュースを見ていると、小さな子供と同じレベルになってしまっている大人も多いなぁと感じますが・・・

 

 

 

この言葉を口にするだけでごきげんになる感覚を味わえる、というものを調べておくのは良い方法です。

 

 

 

これをごきげんワードといいます。

 

 

 

そして逆にイラっとする、ムカつく、などの不機嫌ワードをつい口に出してしまったら

そんなこと言ってもごきげんにはならないよね~wwwと笑い飛ばしましょう。

 

 

 

 

今日のポイントは

 

今すぐ自分がごきげんになることを最優先して言葉を選ぶ

ごきげんワードを調べて用意しておく

不機嫌ワードは笑い飛ばす

 

 

 

よし、手帳の表紙にでもメモっておこうw

 

 

 

 

 

 

 【 参考図書 】自分をごきげんにする方法/辻 秀一(サンマーク出版