読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見えないものを信じるちから

うまくいく未来を信じて行動するには何が必要か

・ご訪問ありがとうございます★引き寄せの法則に関連する内容や、コミュニケーションに関する心理学について書いています。
・本を読んでの感想や自分の解釈、チャレンジなどを引用しつつ載せています。(青字の部分が引用もしくは本の内容をまとめたもの)
・このブログをはじめから読んでみる→見えないもの



信用と信頼

変化

何もかも面白いように上手くいっている♪

人生楽しい♪しあわせ♪感謝♪

なんとかなるもんだなぁ~★

 

 

 

 

週末はフェイシャルエステに近所の温泉、ピザ食べ放題ランチとのびのび過ごせました★

 

 

 

食べ放題はやっぱり食べ過ぎて、夕食も食べることができないくらい(笑)

よくお腹を壊さなかったなーと感心しましたww

 

 

 

 

近所なのに、温泉に入っていると旅行気分で幸せ感たっぷり味わえます♪

 

 

 

 

最近また未来日記を再開して、いい気分♪だとか、わくわくするひらめきがたくさん♪だとか、そんなことばかり書いています。

 

 

 

それくらいしか書くことが思いつかないというのもありますが、でも、いい気分なことが多くなったし、おもしろそうなアイディアも実際に浮かんできてワクワクしていたりします。

 

 

 

日記のおかげなのかな~♪

 

 

 

 

さて、本日の記事に入っていきたいと思います。

 

 

 

 

信用と信頼

 

 

 

信用とは、相手のことを条件付きで信じることです。

 

信頼とは、相手のことを無条件で信じることです。

      そして、相手を信じる自分も信じる。

 

 

 

 

3つの人生のタスクのうち、仕事交友の違いは、信用なのか信頼なのか、です。

 

 

 

 

仕事の関係とは信用であり、交友の関係とは信頼なのです。

 

 

 

 

仕事とは単なる労働ではなく、他者とのつながりを前提とした分業のタスクです。

生存し生き抜くために他者と分業し合って社会を築くのが仕事なのです。

 

 

 

そして仕事にはいろいろありますが、人間の価値はどんな仕事をしているか、ではなく

どんなふうに仕事に取り組んでいるのか、で決まります。

 

 

 

 

どんな仕事でも取り組む態度が大切です。

 

 

 

 

 

 

 

確かに仕事は仲良しごっこではないので、スムーズに仕事を進めるには、信用があればいいでしょう。

ただ、そこに信頼がある方が過ごしやすい職場であり、楽しく仕事ができそうです。

 

 

 

1日の3分の1は仕事なわけで、そこを和やかな雰囲気ですごせるかどうかってかなり重要だと思うんですよね~。。。。

 

 

 

信用があっても、ギスギスしたところで働くのはつらいですからね。

 

 

 

 

仕事を介しての関係であっても、人と人として向き合える信頼をもてる人はやっぱり魅力ある人だと思います。

 

 

 

そんな人を目指したいです★

 

 

 

 

 

 

 【参考図書】幸せになる勇気/岸見一郎