読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見えないものを信じるちから

うまくいく未来を信じて行動するには何が必要か

・ご訪問ありがとうございます★引き寄せの法則に関連する内容や、コミュニケーションに関する心理学について書いています。
・本を読んでの感想や自分の解釈、チャレンジなどを引用しつつ載せています。(青字の部分が引用もしくは本の内容をまとめたもの)
・このブログをはじめから読んでみる→見えないもの



自己受容

変化

何もかも面白いように上手くいっている♪

人生楽しい♪しあわせ♪感謝♪

なんとかなるもんだなぁ~★

 

 

 

 

昨日は洋服をまとめてポチっと衝動買い。

最近ドカ、ドカとまとまった金額を消費中です・・・

衝動買いというか、いい加減着るものが無くなってきたので。

 

 

私は滅多に洋服は買いません。

なぜかって?

 

 

洋服よりも本や物に興味があることと、痩せてから買おうと思っているから(笑)

 

 

断捨離!と思って少しずつ処分しているのはいいけれど、着るものが無いよね・・・

という状態なので仕方なく購入したわけです。

 

 

 

来月の試験で着るスーツ、入るかなぁ・・・という恐怖心があったため、

今朝ためしに試着してみました。

 

 

なんとか入ってホっとしたものの、ちょっときつめなのであと1カ月、

カロリー調整を意識してみます。

 

 

 

こんな状態にならないと本気だせないのでちょうどよい機会です。

脳に正常な状態を覚えさせなければw

 

 

 

では、本日の記事です。

 

 

 

 共同体感覚(仲間意識)への道 その1

 

 

 

まずは、自己受容が大事です。

ありのままの自分を受け入れます。

 

 

良い面も悪い面も全て含めた今の自分ができることには何があるだろうか、

何が自分に与えられているのかではなく、与えられているものをどう使うのか、です。

 

 

そして、普通であることの勇気が必要です。

特別良くなくても、特別悪くなくても良いのです。

 

 

短所だと思っていることは、見方(使い方)を変えれば長所になります。

捉え方を変えてみましょう。

 

 

 

自分に価値があると思える時だけ、勇気を持てる。

 

 

 

これは、アドラーの言葉です。

 

 

 

短所だと思っていたことが長所となれば自信になっていきますね。

自信がつきはじめると自分を受け入れやすくなります。

 

 

 

できないことに目を向けるのではなく、どんなに小さなことでもできたことに目を向けて沢山自分をほめてみるのも良さそうです★

 

 

 

自己受容ができれば、対人関係の中に入っていく勇気が持てます。

そしてその中で喜びや幸せを得ることができます。

 

 

 

 

 

そんなの当たり前!と思うようなことでも自分を誉めるのって案外大事なことだと思います。

 

 

 

人に対してもそうですが、自分をどれだけ沢山誉めても減るものはありません。

自分はスゴイとおおっぴらに自慢するわけではないので、たくさん誉めて誉め倒してしまいましょう(笑)

 

 

 

 

 

 

【参考図書】100分で名著 人生の意味の心理学/NHKテキスト