読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見えないものを信じるちから

うまくいく未来を信じて行動するには何が必要か

・ご訪問ありがとうございます★引き寄せの法則に関連する内容や、コミュニケーションに関する心理学について書いています。
・本を読んでの感想や自分の解釈、チャレンジなどを引用しつつ載せています。(青字の部分が引用もしくは本の内容をまとめたもの)
・このブログをはじめから読んでみる→見えないもの



脳開発PG その3

何もかも面白いように上手くいっている♪

人生楽しい♪しあわせ♪感謝♪

なんとかなるもんだなぁ~★

 

 

 

 

こんなものを買ってみました★

 

 

【 心理学大図鑑 】

 

 

特に資格をとるわけでもなく、カウンセラーになるわけでもないんですが、

自分の為、身近な人とちょっとした日常に活かす為に心理学を勉強中です。

 

 

 

心理学って幅広過ぎて把握できません。

私は本格的なものではなく、初心者でも入りやすい理論のものから習ったり

本を読んだりしているわけですが、全体的に把握しておくことも必要だよなーと思い

わかりやすそうなこちらの本をチョイス♪

 

 

 

サラっと把握するのには良さそう★

 

 

 

この大図鑑シリーズ、いろんなバージョンがあるようです。

 

 

 

図鑑を眺める(読むわけではないw)のが好きな私はもう一冊興味の高いものにも

手を出してみました。

 

 

 

 【サイエンス大図鑑】

 

 

こちらはまだ手元に届いていませんが、すごい楽しみ♪

 

 

 

 

 

では、本日の記事です。

(年内の更新はたぶん今日が最後です。年始は5日に更新予定★)

 

 

 

 

開発プログラムその3 言葉の管理

 

 

 

 

乱れた言葉(汚い言葉)は、大脳が汚れていることによって出てきます。

感情にまかせてしゃべっていると終わりが無く、理性や判断能力などが壊れてしまいます。

 

 

自信が無く、なんとか話しているような話し方の人は大脳が何か悩んでいます。 

原始脳の刺激を受けていない場合なら、しっかり堂々と話せるはずです。

 

 

そして、自分が放った言葉は自分の脳にフィードバックされてしまいます。

 

 

 

悪い言葉を放つと、アウトプット時に脳が汚染され、

放った言葉が聞こえた時にまた脳が汚染され、二倍になるのです。

 

 

汚れた脳はより悪い言葉を放ちやすくなってしまい悪循環です。

 

 

 

あーコワイ・・・

 

 

 

ポイント① 役立つ美しい言葉を使う

 

 

心地よい言葉を話し続けていると脳が成長します。

精神的な病も良くなっていきます。

 

 

 

 

ポイント② 悪い言葉を知って使うのをやめる

 

 

1.事実を捻じ曲げた、人をだます(存在欲、怯えからくるもの)

2.他人を軽視したり侮辱する乱暴な言葉(怒りなどからくるもの)

3.仲たがいさせるような言葉(怒りや嫉妬、憎しみや恨みなどからくるもの)

4.ただ時間をつぶすため何の目的も無く使う言葉、無駄話(理性が低下して無智が強まると)

 

 

これらが原始脳を優勢化させてしまう言葉です。

 

 

 

 

ポイント③ 善い言葉を知る

 

 

伝えるための言葉。

相手の気持ちを考えた言葉。

相手が理解しているかどうか考えた言葉。

集中してしゃべる言葉。

話す時間が適度なもの。

 

 

 

これらに気をつけてしゃべることで大脳が成長します。

 

 

 

みなさん、いかがですか。

 

 

汚い言葉、やめようと思って気をつけていても、つい出てしまうことがあります。

結構あります(笑)

 

 

集中していなかったり、自信がないこともたまーにあるかな~。

 

 

 

改めて自分の言葉に注意してみようと思います★

 

 

 

 

 

 【参考図書】心を整える8つの脳開発プログラム/アルボムッレ・スマナサーラ