読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見えないものを信じるちから

うまくいく未来を信じて行動するには何が必要か

・ご訪問ありがとうございます★引き寄せの法則に関連する内容や、コミュニケーションに関する心理学について書いています。
・本を読んでの感想や自分の解釈、チャレンジなどを引用しつつ載せています。(青字の部分が引用もしくは本の内容をまとめたもの)
・このブログをはじめから読んでみる→見えないもの



大脳の自由

 何もかも面白いように上手くいっている♪

人生楽しい♪しあわせ♪感謝♪

なんとかなるもんだなぁ~★

 

 

 

 

忘年会シーズン。さすがに街は人ごみに溢れていますね★

 

 

満腹な日々が始まり恐怖で体重計に乗るのをやめました(笑)

 

 

そういう思考グセをもっと変えていきたいなーと思います。

それから、もっと勇気と実践力も欲しい。

 

 

勉強しながら自分と向き合い、気づいて変化していく。

これをパートナーと一緒にやっていこうと思います♪

 

 

 

 

 

それでは本日の記事です。

 

 

 

 

大脳の実態

 

 

 

人間ならではの営みに関する、知識や理性、教育、社会生活や五感を使ったりなどが大脳の仕事です。

 

 

 

これらは生まれてから一つ一つ学んで成長していくものです。

 

 

 

しかし、原始脳の指令に支配されていると存在欲と怯えに基づくニーズに従うことになり自由がなくなります

 

 

 

安心して生きるために努力や勉強をします。

それはライバルを抑えるためであることもあります。

自我を肯定する為でもあります。

 

 

 

すると、自分の大切なものを犠牲にしてまで頑張ったり 

人と比べていろんな感情がわいてきたりするわけですね。

 

 

つまり、原始脳の指令下では自己中心的な欲求によっての努力になります。

 

 

こうなりたい!という思いはあってもなかなか現実にならない

というのは大脳の葛藤です。

 

 

 

 

 

 

現実と願望とのギャップがあるほどストレスも増えます。

 

 

 

 

本来は、現実を認知して、願望とのギャップを埋めるために行動をします。

これが原始脳優位だとギャップが埋まらず悩みになるんですね。

 

 

 

 

私もこの罠にガッツリはまっていますw

 

 

 

是非とも自由を手に入れたい♪

 

 

 

そのためには気づきの瞑想が大切な要素になってくるようです。

 

 

 

 

 

 

 【参考図書】心を整える8つの脳開発プログラム/アルボムッレ・スマナサーラ