読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見えないものを信じるちから

うまくいく未来を信じて行動するには何が必要か

・ご訪問ありがとうございます★引き寄せの法則に関連する内容や、コミュニケーションに関する心理学について書いています。
・本を読んでの感想や自分の解釈、チャレンジなどを引用しつつ載せています。(青字の部分が引用もしくは本の内容をまとめたもの)
・このブログをはじめから読んでみる→見えないもの



思考も経験になる

 何もかも面白いように上手くいっている♪

人生楽しい♪しあわせ♪感謝♪

なんとかなるもんだなぁ~★

 

 

 

 

昨日の雨はすごかったです。

夕方になって突然の豪雨。いきなりの大音量にびっくりしてしまいましたw

 

 

帰る頃には止むかなぁなんて思っていのに雷まで鳴りだしちゃってw

 

 

雷、すごく苦手なんです。

ずっとピッカンピカン光ってましたが、幸い ゴロゴロゴロゴロ・・・とかドカーン

などの雷音があまり鳴らなかったので大丈夫でした★

 

 

 

これ、絶対真上にいるよ・・・(>_<) ってときは恐ろしいですからね(笑)

 

 

 

恐ろしいといえば、夜の大雨の中の運転。

おまけに昨日はワイパーが動く度に白く曇ってしまい幻想の中のよう・・・

ライトの光がカメラでぼかしたように星型にモワンと光ってたりして。

 

 

ワイパーに油汚れでもついてるのかな・・・

 

 

お天気の良い休日に洗車して撥水とくもり止めしなくちゃ。

 

 

 

さて、本日の記事です。

 

 

 

前頭葉の主な機能の最後の項目です。

 

 

 

3.思考を現実体験化する

 

 

 

何かを創造し始め前頭葉が高度に活性化されると

感覚中枢(身体の感覚)・運動中枢(身体の動き)・連合中枢(アイデンティティの管理)・時間を管理する回路 の音量は最小限に抑えられます。

 

 

そうなることで余計な邪魔がなくなり創造の意識だけになります。

 

 

前頭葉は一点に集中した創造の意識だけを処理するので、創造の中の感覚・動き・アイデンティティ

リアルなもののように脳の構造の中に経験として知覚します。

 

 

その経験として知覚されたものが感情を呼び起こし望む現実を味わいます。

 

 

これにより身体を新しい意識に順応させ、無意識のプログラムの書き換えを行うのです。

 

 

 

心と身体は、サバイバルモード創造的モードでは正反対の状態にあります。

 

 

 

 

 

心の奥底や、身体のどこかでは真逆に進んでいることに気づいているはずです。

チクっとした心の痛みや身体の不調、不快な状態などはそのサインかもしれません。

 

 

サインに気づいたら逆に向かって一歩を踏み出したいですね。

 

 

 

 

チェックを忘れっぽいですが、最近没頭できていたなという時間を見つけました。

たった30分でしたが。

 

 

それは交流分析に関する新しい本を読んでいる時でした。

なるほど!と思うことがあったり、アイディアが浮かんできたりしている状態です。

 

 

 

興味や創造を掻き立てるような行動をたくさんすることですね★

それが何かはわからないという時は、いろいろやってみるのが良いかなと思います。

 

 

 

満足かどうか

好きかどうか

得意かどうか

興味を持てるかどうか

続けられるかどうか

良い気分かどうか

楽しいかどうか

 

 

基準はいろいろあります。

経験を重ねつつ、自分を観察してみるといいかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 【参考図書】脳科学が教える新しい自分になる方法

      あなたという習慣を断つ/ジョー・ディスペンザ