読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見えないものを信じるちから

うまくいく未来を信じて行動するには何が必要か

・ご訪問ありがとうございます★引き寄せの法則に関連する内容や、コミュニケーションに関する心理学について書いています。
・本を読んでの感想や自分の解釈、チャレンジなどを引用しつつ載せています。(青字の部分が引用もしくは本の内容をまとめたもの)
・このブログをはじめから読んでみる→見えないもの



心の中のリハーサル

 

 何もかも面白いように上手くいっている♪

人生楽しい♪しあわせ♪感謝♪

なんとかなるもんだなぁ~★

 

 

 

 

今月のはじめにあったイベントで、植松努さんのスピーチを聴きました★

 

 

淡々としゃべり続ける中に大切な想いや内容がギュッと詰まっていて

ユーモアもありとても引き込まれます。

 

 

植松努さんのことは、TEDのスピーチ動画で始めて知りました。

それから本を購入。

 

 

そして実際にスピーチを聴くことができ、昨日やっと

予約していた新刊が届きました。

 

前から欲しかったDVDも一緒に♪

 

 

教科書に載せたらいいと思うよってレベルです★

 

 

 

TEDの動画は何度見ても感動。

生で聴けたスピーチはメモが追い付かずw

 

 

 

本やDVD、何度も見ようと思います♪♪

 

 

 

それでは本日の記事です。

 

 

 

あなたという習慣

 

 

私たちは同じ考え方、感じ方をする習慣が身についています。

 

 

人間は基本的に過去の記憶をもとに行動するからです。

 

 

それは、予測可能で安全だから。

 

 

そして、繰り返す習慣は続けているほど強化されていきます。

 

 

それが自動的な習慣となるわけです。

 

 

 

 

変わらない毎日はここから創られます。

 

 

同じパターンの中では、自分の創り上げた枠内でしか考えないようになります。

するとまた同じ生活が繰り返され、同じ思考が強化されるのです。

 

 

 

ループです。

 

 

ループは自分が作ったものです。

だから、自分でやめることも可能なのです。

 

 

 

望みが叶うと信じる心は外的環境に左右されないことが大事です。

 

 

 

自分が熱狂的な、アイドルのファンだとします。

周りの人に、「私はそのアイドル好きじゃない」と言われても

自分の気持ちに変化はありませんよね。

 

 

多少遠くたって、お小遣いが少なくたって、

何が何でもライブに行ったりCDやDVDを買ったりしますよね。

 

 

 

外的環境に左右されないってことは、これと同じような事だと思います。

 

 

 

考え方を変えれば脳は変わります。

 

 

 

そして、ひたむきに一つの事に意識を集中させるとき、脳はそれが意識の

内的世界なのか外的環境での経験なのか識別できないのです。

 

 

 

つまり、思考は経験となり得るのです。

 

 

 

 

そこで重要なのが心の中のリハーサル。

 

 

 

何度も何度もうまくできている自分を詳細にイメージして繰り返します。

 

 

 

 

脳に勘違いをさせたらこっちのものですね♪(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 【参考図書】脳科学が教える新しい自分になる方法

      あなたという習慣を断つ/ジョー・ディスペンザ