読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見えないものを信じるちから

うまくいく未来を信じて行動するには何が必要か

・ご訪問ありがとうございます★引き寄せの法則に関連する内容や、コミュニケーションに関する心理学について書いています。
・本を読んでの感想や自分の解釈、チャレンジなどを引用しつつ載せています。(青字の部分が引用もしくは本の内容をまとめたもの)
・このブログをはじめから読んでみる→見えないもの



心の矛盾を調和させる

潜在意識

何もかも面白いように上手くいっている♪

人生楽しい♪しあわせ♪感謝♪

なんとかなるもんだなぁ~★

 

 

 

 

おかんメールをダウンロードして読み始めました。

 

 

おもしろすぎです。

 

 

お腹の底から笑い転げるのはストレスも発散できてとっても良いですね★

 

 

 

 

では、気分よく今日の記事にはいります♪

 

 

 

 

人が失敗する主な原因は自信のなさと頑張り過ぎ

 

 

 

精神的に追い詰められてしまうと、客観的に見たり他の考え方を受け入れる余裕が無くなります。

 

 

 

できれば深呼吸をするなどしてリラックスし、なるべく気楽に、最終目標のことだけ考えるとリズムが取り戻せると思います。

 

 

 

問題がスッキリ解決した時のイメージ、気分を味わうこと

否定はやめる

自分で何とかしようとせず、流れに任せる

 

 

 

 

無理に頑張ろうとすると自滅的な結果になりやすく願いとは正反対の結果を引き寄せてしまいます。なぜなら、その状況を乗り越える事への不安感が心を支配してしまうから。

 

 

 

 

2つの矛盾する主張があるとき、潜在意識は必ずその強い方を受け入れます。

 

 

 

 

自分の体の幅の板の上を歩いてくださいと言われたら難なく歩けるでしょう。

ところが、その板が60メートルの高さのビルとビルの間にかかっていたらどうですか。

すぐに恐怖や不安のイメージが浮かんで歩けなくなると思います。

 

 

恐怖心よりも楽しさなどが勝ってしまう人なら歩けますね。

 

 

 

 

不安や恐怖という感情は自分を守るために働くものです。

 

 

 

何かを変えよう、挑戦しようなどという時は当然妨害する力が働きます。

 

 

 

自分自身と自分の願い

思考と感じ方

理想と感情

願いと想像

 

 

 

などの間に対立が存在しなくなったときに願いは叶います。

 

 

 

 

眠いときは意識と潜在意識の対立が起こらないので

眠る前や起きた直後などに願いがかなったところを繰り返し想像してみましょう♪

 

 

 

どんな自分で過ごせたら大満足♪と思えるのかイメージしてみる。

 

 

 

毎日が同じ繰り返しの平日だとあまり変化は無いパターンなら

出来事ではなく自分の気分に焦点をあてても良いでしょう。

 

 

 

穏やかな気持ちでいられた

余裕を持っていられた

何か良い事が起こりそうでワクワクしっぱなしだった

いつもは気づけない事にたくさん気がつくことができた

 

 

 

とか、何でも良いです。

 

 

 

慣れてきたら少しずつ想像を未来へ延ばし、少しずつ出来事を大きくしたりと

ステップアップしていくと良さそうです★

 

 

 

実際の出来事がこうだったら良かったなという日記

未来がこうだったら良いなという未来日記

 

 

で少しずつ慣れていきたいなーと思っています♪

 

 

 

 

 

 

 【参考図書】潜在意識をとことん使いこなす