読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見えないものを信じるちから

うまくいく未来を信じて行動するには何が必要か

・ご訪問ありがとうございます★引き寄せの法則に関連する内容や、コミュニケーションに関する心理学について書いています。
・本を読んでの感想や自分の解釈、チャレンジなどを引用しつつ載せています。(青字の部分が引用もしくは本の内容をまとめたもの)
・このブログをはじめから読んでみる→見えないもの



自尊心と潜在意識

潜在意識

何もかも面白いように上手くいっている♪

人生楽しい♪しあわせ♪感謝♪

なんとかなるもんだなぁ~★

 

 

 

 

よーし!断捨離するぞー!!!

 

 

ではなく

 

 

少しずつ少しずつ物を減らしておりますw

 

 

 

今回着たらもう次からは着ないかな~っていう服とか

本とか使いかけのクリームだとかずっと置きっぱなしのストック品だとか

古い型の充電器だとか

 

 

 

ちょこちょこ出てきます。

使える物はどんどん使って、使わないものは捨てる。

それが終わらなければ整頓の段階に入れませんからね~。

 

 

 

物が多いとエネルギーが吸い取られ、気力が分散します。

スッキリするぞ!スッキリ!

 

 

 

 

今日の記事です。

 

 

 

 

自尊心

 

 

 

自尊心とは、自分に価値があるかないかという感覚で

自分は愛され、成功し、健康に暮らし、幸福になるべき人間だという

内的感覚に影響を与えるものです。

 

 

そして心と精神の免疫システムでもあります。

 

 

自尊心の高い人ほど、うまくいかない時でも自分を肯定することができます。

内面的な自信や幸福感があり、自分の人生はうまくいっていると感じ、

自分には人をひきつける魅力があると感じている人は、人生に愛を呼び込み

受け取ることができます。

 

 

一方、自分を尊重できず自尊心の低い人々は、愛を受け取るよりも

与える方が楽だと感じてしまいます。

 

 

これ、昔の私にすごく当てはまります。

受け取ることがすごく苦手でした。

交流分析人を喜ばせよ!っていうドライバーが強かった気がします。

 

 

なんていうか、人に良い気分でいてもらうことで自分の落ち着ける居場所をつくっていたというか、そんなかんじかな・・・

 

人からどう思われるかとか人から嫌われたくないというよりも、

人に嫌な気分をさせたくないっていう気持ちがすごく強かったです。

そして何かうまくいかないことがあると自己嫌悪ばかりでした。

 

 

 

自尊心が高く健全な免疫システムをもつ人は病気になりにくく、

なっても回復が早かったり、壁にぶちあたっても耐えることができ

その後うまくいくことも多いのです。

 

 

 

 

健康とは身体的、精神的、社会的にすべてが満たされている状態を言います。

 

 

どこか一つでも崩れてしまうとバランスを失います。

 

 

 

交流分析には3つの哲学が基盤としてあります。

 

1. 人は誰でもOKである

  誰でも人として存在する価値があり、人として平等に敬われる重要な存在です。

 

2. 人は誰もが考える能力を持っている

  どう生きていくのか、人は様々な経験を通して自分で考え、自分で選び、

  自分で決める事ができます。

  

3. 人は自分の運命を決め、その決定はいつでも変えることができる

  人は幼いころの環境などから自分はこう生きていこうという決断を下しながら

  成長します。しかし、その決断は自分で決めたものなのでいつでも変えること

  が可能です。

 

 

 

生まれてきただけで奇跡です。

 

誰でも良いところは必ずあると思います。

 

まずは自分を信じて自分を好きになることからです。

 

 

 

 

必死にやらなくてもスイスイできてしまうこと

得意なこと

好きなこと

やっていると時間をわすれてしまえること

楽しいとかんじること

気分がよいこと

興味がわくこと

心があったかくなること

自然と笑顔になること

失敗しても頑張り続けられること

 

 

 

自分の強みは何なのかを探して見つけてみましょう♪

 

 

 

私も少しずつ見つけてきました。

それが少しずつ自信になり行動が変わり楽しみが増えました。

 

 

 

自尊心があるほうが望む未来を信じることができます。

イメージリアルに感じられるようになると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 【参考図書】潜在意識をとことん使いこなす