読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見えないものを信じるちから

うまくいく未来を信じて行動するには何が必要か

・ご訪問ありがとうございます★引き寄せの法則に関連する内容や、コミュニケーションに関する心理学について書いています。
・本を読んでの感想や自分の解釈、チャレンジなどを引用しつつ載せています。(青字の部分が引用もしくは本の内容をまとめたもの)
・このブログをはじめから読んでみる→見えないもの



イメージして伝える

潜在意識

何もかも面白いように上手くいっている♪

人生楽しい♪しあわせ♪感謝♪

なんとかなるもんだなぁ~★

 

 

 

 

トラックボールが欲しいなぁ。。。と思い、目星をつけてありますが、

まだ使えるマウスがあるのでガマン。

 

 

ヘッドホンが欲しいなーと思い、目星をつけてありますが、

ボロボロでもまだ使えるのでガマン。

 

 

ヘッドホンの変換プラグが見つからないから欲しいなーと思いつつ

どこかにあるんだからと我慢していましたが、いつまでも見つからないと

ヘッドホンが欲しくなってしまうのでポチっと購入しましたw

 

 

 

本やCDも欲しいものだらけですが、出来る限り図書館で借りたり

レンタルを利用したりするようになりました。

 

 

 

すぐに買ってしまうクセを少しずつ直しています(笑)

 

 

 

 

物欲はキリがないです。おそろしい怪物ですw

でも部屋をスッキリさせたい。

年内には収納スペースに収まっていない物が無いようにするのが目標です。

 

 

 

 

あー・・・アロエが欲しいな~・・・(笑)

 

 

 

 

気を取り直して、本日の記事です。

 

 

 

 

潜在意識に伝える実験

 

 

対象はある機能的麻痺を患っていた男性。

 

 

【 実験内容 】

オフィス内を歩き回り、机に触れ、電話で話すなど

麻痺が治れば普通にできるはずの事をしている自分の姿

ありありと思い浮かべてもらう。

 

すっかり健康を取り戻した自分について考え、イメージすれば

それがそのまま潜在意識に伝わるのだと理解する。

 

 

【 実験結果 】

数週間のイメージトレーニングの結果、麻痺で歩けなかった男性は

4メートル離れた場所にある電話に出る事ができた。

 

 

この男性のにはバリアがあり、脳からの電気的興奮が足に伝わるのを妨げていました。

だから彼は歩けないと言っていた。

ところが、自分の中の癒しの力に目を向けた時、そのが流れ出し歩けるようになったのです。

 

 

 

 

実際に症状として痛みなどの不調があると辛いです。

なかなかそこから意識をそらすことも難しいですね。

 

 

 

治った気分の良いイメージをすれば誰でも何でも治ってしまうわけではありません。

 

 

 

ですが、気分よくいる状態の方が健康に近いのは確かだと思います。

 

 

 

健康でパワー溢れる自分だったらどんな気分だろう。

快適な状態だったら何をしたいだろう。

 

 

 

 

少しでもイメージしてみませんか。

 

 

 

 

私は健康です。

ほとんど体調を崩すことはなくなりました。

悪いのは歯くらいですw

 

 

ごく稀に頭痛や腹痛がある時は、治った自分をイメージしています。

数時間すると無くなっています。

たまたま、そんな程度のものだったのかもしれませんがw

 

 

 

なかなか難しいもの・・・

わたしの場合、同じことをダイエットでやったらいいのかもしれません。

やってみましょうかねw

 

 

 

 

 

 

 

 

 【参考図書】潜在意識をとことん使いこなす