読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見えないものを信じるちから

うまくいく未来を信じて行動するには何が必要か

・ご訪問ありがとうございます★引き寄せの法則に関連する内容や、コミュニケーションに関する心理学について書いています。
・本を読んでの感想や自分の解釈、チャレンジなどを引用しつつ載せています。(青字の部分が引用もしくは本の内容をまとめたもの)
・このブログをはじめから読んでみる→見えないもの



量子論的生き方の実践 1

創る

何もかも面白いように上手くいっている♪

人生楽しい♪ しあわせ♪ 感謝♪

なんとかなるもんだなぁ~★

 

 

 

いやぁー・・・雨がすごすぎて笑っちゃいますw

 

 

道路は左車線冠水

 

 

空梅雨かなんて言われた日が続いたかと思えばいきなりこの雨。

 

 

もう少し分散して降ってはくれないだろうかw

 

 

 

では今日の記事です。

 

 

 

量子論的生き方 その1

 

 

マイナスのことは考えない訓練をする。

 

 

新しい事をしようとする時

 

 できる方法を考えるか

 

 できない理由を考えるか

 

あなたはどちらでしょうか。

 

 

私はできる方法のみ追求するタイプです。

きっと、やり遂げることしか頭にないからでしょう。

 

 

 

ココです。

やり遂げることしか頭にない

 

 

 

自然にやり遂げるイメージができています。

 

 

 

ただ、嫌だなとか少しでも不安があるとこれができないのです。

 

 

 

そう思った瞬間、マイナスな現実を引き寄せます。

 

 

 

そして普段使う言葉も同じです。

 

 

 

ケガしないようにね。ではなく 気をつけてね。注意してね。

転ばないようにね。ではなく ゆっくり歩いてね。

遅刻をしないようにね。ではなく 時間に余裕を持ってね。

 

 

と、肯定的なイメージを連想させる言葉を使います。

 

 

 

思考と言葉はそのまま現実を引き寄せます。

 

 

 

しかし、マイナスな事を考えてはいけないと思うほど意識してしまったり

プラスに考えたいと思っても不安や嫌だと言う気持ちが勝ってしまうこともあります。

 

 

 

これは慣れです。

訓練すればなんとかなります。

 

 

 

不安なこと、嫌なことは考えないことです。

 

 

 

これって考えてばかりいても仕方のない事がほどんどです。

 

 

 

思い悩む分、心をいためたり、体に不調が出たり、何のにもならなければ

解決にもなりません。

 

 

 

考えても仕方のない事は放っておいて、好きなことに没頭しましょう。

 

 

 

楽しい事、好きな事をたくさんやって、を無くしましょうw

 

 

 

やることが沢山あって時間に追われていると、嫌な事、不安な事に

ぶつかった時に考えているヒマがないのでそれを考えるのが面倒だと思ったり

とにかくやってしまえ!という感じになるはずです。

 

 

 

好きなことに時間を使っている間に状況が変わってなんとかなってしまったりするんです。

 

 

 

意識がプラスになったおかげでプラスの現実が引き寄せられるからですね。

 

 

 

私はまさに今これを実践中です。

嫌な事不安な事が頭をよぎると考えるのをやめます。

 

 

 

そしてわくわくする事をさがして時間を埋めます。

 

 

 

わくわくする事の中でヒントが見つかったり、解決する自信ができたりすることもありますよ♪

 

 

 

うまくいかなかったらそこで人生が終わりなわけじゃありません。

 

 

 

あきらめない限りリベンジすれば良いんです。

 

 

 

考え方、捉え方です。決めるのは自分自身です。

 

 

 

なんとかなるものです♪

 

 

 

 

 

 

【参考図書】奇跡と呼ばれる現象の仕組みがわかった

      ~自分らしく生きるための量子論的生き方~