読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見えないものを信じるちから

うまくいく未来を信じて行動するには何が必要か

・ご訪問ありがとうございます★引き寄せの法則に関連する内容や、コミュニケーションに関する心理学について書いています。
・本を読んでの感想や自分の解釈、チャレンジなどを引用しつつ載せています。(青字の部分が引用もしくは本の内容をまとめたもの)
・このブログをはじめから読んでみる→見えないもの



実験 水をワインに変える?

創る

何もかも面白いように上手くいっている♪

人生楽しい♪ しあわせ♪ 感謝♪

なんとかなるもんだなぁ~★

 

 

 

 

考えた事、感じた事、疑問点などを話しましょう。と言われても

ありきたりな事がひとつやふたつ出てくるだけで、特には・・・

という状態になることがよくあります。

 

 

 

わかったと思い込んでしまっていて他の選択肢を考えられない。

具体的に考えるという考え方を知らない。

 

 

 

私の主な原因はこの2つです。

 

 

 

これはどうやらコーチングで解決できそうです。

 

 

 

そしてコーチングの質問法を習っていて思った事は

できることのみを集中して考えるという点がまさに引き寄せの法則だなぁということ。

 

 

 

私の頭では、不満を並べてその逆を目指せばいい という考え方でした。

それがコーチングでは

 

 

 

まずは、今出来ている事に目を向ける。

そして、更にできたらいいなぁと思う事に目を向ける。

 

 

 

朝起きたら、夜寝る時にこんな一日だったら充実して満足感が得られるなぁと思える行動をイメージする。

 

 

 

などです。

 

 

 

あとは人間の脳の働きのサイクルを利用して実践に活かす。

 

 

 

いまいちどう進めていったら良いのか掴めないままだらだらやっている自主勉強会も

充実したものに変えられそうでワクワクしています★

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、最後の実験です。

 

 

 

①ワイングラスに水を入れ、自分の目の前に置く

 

②両手を20秒間強くこすり合わせる。グラスの左右から30センチほど

 離れた場所に、手のひらを内側に向けて手をかざし手のひらの間に気の

 フィールドをつくる。そのまま20秒間保ち、自分のエネルギーが

 グラスの中の液体を通過するのを感じる。

 

③手でグラスを持ちあげ、自分の手からまぶしい光が出ている様子を

 思い浮かべる。光が液体を通過し、さらに遠くまで届いている。

 自分のエネルギーの流れを感じ、水がワインに変わる様子を思い描く。

 そして一分間じぶんのエネルギーを送り続ける。

 

④自分の指先から金色のエネルギービームが出ていると想像し、その気を

 使って液体をかき混ぜ精製する。

 グラスに送り込まれた気が水を変質させるのを感じる。

 そのまま一分間静かで落ち着いた笑顔を浮かべながら同じ状態を続ける。

 

⑤人差し指と中指でエネルギーをグラスの中に封印する。

 

⑥乾杯して飲み干そう!

 

 

 

聖書では、イエスが水をワインに変えた場面が出てきます。

 

 

オリンピックで信じられない新記録がどんどん重ねられるように

無理だと思われていた事も、誰か一人ができると次々とできる人が

あらわれる。

 

 

だからイエスが水をワインにできたなら気の力を使って水をワインに

することができるはずだ。

 

 

 

という理屈の実験です。

 

 

 

これは・・・できたらTVに出れますねw

 

 

 

頭の中から常識をすべて取り払い、信じきることができる上級者レベルの実験です。

 

 

 

 

 

 

いろんな実験を書いてきましたが、失敗もあり、未挑戦もあり

忘れてしまっているものもあるので、最初から記事を見なおしてみたいです。

 

 

 

 

明日からはどの本をテーマにしましょうかね~・・・

 

 

 

 

信じるって難しい簡単!w

 

 

 

 

 

【こうして思考は現実になる 2 】