読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見えないものを信じるちから

うまくいく未来を信じて行動するには何が必要か

・ご訪問ありがとうございます★引き寄せの法則に関連する内容や、コミュニケーションに関する心理学について書いています。
・本を読んでの感想や自分の解釈、チャレンジなどを引用しつつ載せています。(青字の部分が引用もしくは本の内容をまとめたもの)
・このブログをはじめから読んでみる→見えないもの



一部を与える実践内容

お金

昨日の続きです。 

 

①どれくらい与えればよいか

 

一番良い目安は収入の1%~5%です。

 

割合でいけばお金持ちでもそうでなくても公平。

とよく言われますが、個人的にはそれもどうかなと。

 

確かに金額は割合でいけばお金持ちだとものすごく多くなります。

 

でも、月に100万あって5万を与え95万で生活するのと

月に18万で9000円を与え17万1000円で生活するのは同じには思えません。

 

家賃だとか食費だとか他の生活費も割合が変わるのなら別ですが。

 

 

別に批判ではなく、私がどうしてもモヤっとしてしまう理由です。

 

 

 

ただ、そんな考えはここで必要ではありません。

 

執着の問題です。

 

できるところから、1%から始めればよいのです。

 

 

1%~5%で流れが良くなるとあるのだから素直になればいいだけのこと。

 

 

そして、1%を与えた時の自分の気分を見極めます

 

気分が良くなり好ましい結果につながるのなら、続けましょう。

 

 

もう少し!と思ったら最大でも5%まで上げてみます。

 

 

お金の流れを良くするには1~5%。

 

嫌々、義務感からでは意味が無いと思います。

 

 

 

②誰に与えればよいのか

 

個人、知り合いでも良いのですが、

その場合は大抵相手側に負い目ができてしまいます。

 

お返しをしなければ・・・と。

 

 

なので、対象は団体が良いでしょう。

 

 

執着を手放す方法としては他にもやり方がありますが

 

ここでは、自分の価値観や信念が同じような団体を選びましょう。

 

 

 

③いつ与えればよいのか

 

お金を手に入れた時です。

 

収入が入った時にその一部を与える。

 

 

喜んで与える。

収入を得たらその1~5%を与える

 

一貫性をもつことが大事です。

 

 

 

まずはこれを始める事が最もむずかしいところです。

 

 

 

 

 

誰に・・・のところを探そうかな。

 

 

 

 

 

 

★参考図書★

【すべてのお金の悩みを永久に解決する方法】